鶴間駅西口から徒歩1分。40,000人の実績と20年の経験を持つ整体院。

整体肩腰堂


ヘルニアにならないためには

腰の椎間板ヘルニアは、足などにしびれを伴う腰の慢性腰痛の一つです。

腰の椎間板ヘルニアの対策として、腹筋運動やストレッチなど様々な運動が紹介されています。その中でも骨盤の位置に注意することで、腰の椎間板ヘルニアから生じる腰痛を予防・改善することができます。

今回は、何故この骨盤の位置が腰の椎間板ヘルニアに影響するのかという点を細かく説明し、ハムストリングスという筋肉の特徴とストレッチをご紹介します。



腰の椎間板ヘルニアは腰が曲がるストレスが負担になり、さらに腰の骨と骨盤の動きはリンクしており、骨盤が後ろに倒れると腰が曲がりやすくなることがわかりました。

骨盤が後ろに倒れ、腰が曲がることで、椎間板は潰れて、その状態が長く続いていると椎間板は薄く変形していきます。この変形を助長しないようにすることが椎間板ヘルニアをコントロールする上でとても重要になります。

つまりヘルニアに対する効果的なストレッチは、この椎間板が潰れる動きと逆のことをすれば良いのです。つまりは「腰を反る」、「骨盤を立てる」筋肉を使い、その動きを邪魔する筋肉をストレッチで柔らかくすることが重要です。

こうすることで椎間板が潰れてしまうのを防ぎ、ヘルニアの発症や悪化を予防します。



ハムストリングスのストレッチとして効果的な方法で、ジャックナイフストレッチというものがあります。

手順:
?しゃがんだ状態で、手を膝の後ろで組みます。
?胸と太ももをしっかりくっつけて、離さないようにします。
?その離さない状態を保ったまま、お尻を上に持ち上げます。
?限界まで持ち上げたら、その状態10秒キープします。
?10秒キープしたら、またしゃがんだ状態に戻ります。

このハムストリングスのストレッチを5セット程度行いましょう。
このストレッチの特徴は筋肉をただ伸ばすだけの従来のストレッチとは異なり、伸ばしたい筋肉の反対の働きを持つ筋肉に力をいれてストレッチを行うことにあります。

人の体はある筋肉に力をいれたら、その筋肉と反対の働きを持つ筋肉は伸びる特徴があります。この特徴はハムストリングス以外の筋肉にも応用することができます。

これを利用したストレッチになり、従来のただ伸ばすストレッチより効果的に筋肉をストレッチすることができます。

立っている状態から前に前屈し、指先が床につかない、手のひらが床につかない人もしくは腰に手を当てて、後ろに反る動きが硬い人はこのストレッチを行ってみて、もう一度その動作をしてみてください。効果が実感できるはずです。


今回もブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。 大和市腰痛 大和市座骨神経痛 大和市ヘルニア

整体肩腰堂のご案内

住      所:
〒242-0005 大和市西鶴間1-4-3加藤店舗1階A
アクセス:
小田急線鶴間駅西口徒歩1分
改札右に出て階段降りて2条通り右へりそな銀行先コイン駐車場の先
お問い合わせ・ご予約
0120-030-464
受付・営業時間:
*予約受付
9時~20時
水9時~18時30分
土9時~17時

*営業時間
10時~20時30分(変更有)
水9時30分~18時30分
土9時30分時~17時(変更有)
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ